MMSちゃんねる

日々のきになるあれこれ、役に立つ情報を随時配信中

~の変~の乱~の役の違いをわかりやすく説明する話。

空を見上げる武士

戦じゃー!masaです。

 

最近歴史ブームですよね。27時間テレビも歴史だったし、本屋さん行ったら歴史コーナーがめっちゃ増えてたりと。

 

僕も戦国武将になろう。

そう、この澱みきった時代に、ブログという名のk(以下略)

 

今日は~の乱とか変とかの違いを調べたよっていうお話を。

代表的なHRE

とりあえず例えに出すために有名な変と乱と役を紹介しましょう。もうめんどくさいので3つでHREと呼ぶことにします。

 

本能寺の変

2、3年前にエクスプロージョンが踊ってたやつ。

 

大正10年6月2日に京都の本能寺で寝てた織田信長。

その家臣の明智光秀 「裏切ったるで(^q^)」

信長 「うっわマジかよ詰んだわ」

 

という話ですね。未だに論争続くメジャーな変です。

 

 大塩平八郎の乱

江戸時代・天保8年2月16日、大阪で起きた戦い。

江戸幕府 「いやオレらまじつえーし」

大塩平八郎 「やったるで」→負け。

 

この前には島原の乱だっけ?間違ってたらごめんなさい。

 

前九年の役(1051~)と後三年(1083~)の役。

平安時代、今の東北地方での戦い。

 

桓部天皇 「領土広げたる」

岩手、安倍 「いやさせねえから」

「んー、じゃあ和平ってことで。一応こっちの領土ってことにするけど、そっちはそっちでやってて

「おう」

 

・・・

朝廷 「え、貢ぎ物は?」

安倍 「は?ねえよ」

 

で始まった戦いですね。

 

え?合ってるっけ?こんなだよね?

まあいいや。今日はその辺の詳細の話じゃないしね。

で、HREの違いは?

考える人

そう。それが肝心。

これね、調べても定義がけっこう曖昧なんですよね。特に「役」が。

まあ自分なりの見解を置いていきます(・_・)

変とは。

これはしっかり定義があるようですね。

 

時の権力者に対して反乱を起こし、勝利したもの。政治的な改革があったもの。

時代のトップが敗れて歴史が変わった戦いなので「変」。そのまま。

 

会社で社員がストライキを起こして経営者が変わったら「変」っていうこと。

乱とは。

若干定義が曖昧だけど、

変のように時の権力者に対して反乱を起こした戦い。だけど、負けちゃったもの。

でも、権力者に対してじゃなくても、歴史上の大規模な反乱のことも乱。

 

とりあえず一般人が暴動起こしたら「乱」といった感じです。ね。

 

父 「母さん、お小遣い上げてくれよ!」

息子 「そうだよ!母さんだけ高いバッグ買って、おかしいだろ!」

 

母 「あ?」

 

父&息子 「すんませんした」

 

これは乱ですね。

役とは。

これがおじさんにはよくわからん。

一応、「異国民との戦いが役」っていう定説があるけど、これは間違いらしいです。

 

国の兵士として駆り出されるのを「兵役」って言いますよね?

そこから、暴動じゃなくて国のための戦い?みたいなもの全般がそう呼ばれてるっぽいんだけど、どうなんだろ。

「陣」とも似たような使われ方なので戦争のことを指してるようですね。

スポンサーリンク

 

呼ばれかたが違うことも?

で、役とか陣とかって、教科書とかでも名前がちがったりします。

「大塩平八郎の乱」→「大塩平八郎の役」とか

「大阪の陣」→「大阪の役」とかね。

で、この名前の付け方ってケンカした当事者同士だったり、教科書の出版社が決めるそうなんです。

 そう、明確な定義はないんですね。

どうりでハッキリ分からないわけだ。おっさんの頭が悪い訳じゃないんだね。きっと。うん。たぶん。

 

余談かもしれませんが

定義がしっかりあるものは「事変」と「戦争」で、宣戦布告があるものは戦争、ないものは事変なんだそうな。

 

いずれにしてもケンカですよね。戦争は起こって欲しくないです。はい。

でも、この辺りの違いを理解してれば歴史の勉強も楽しくなるかもしれませんね♪