MMSちゃんねる

日々のきになるあれこれ、役に立つ情報を随時配信中

桐生市のドンキで実印を作って印鑑登録する話。[画像付き解説]

まいど。masaです。

 

「実印持ってきて下さいね」

「は?持ってねえよ。」

「やっべなくした」

 

みたいなことってありますよね。

少なくとも僕はあるから大丈夫です。

 

ドンキのはんこ自販機でさっさと作れますよ♪

 

実印から認印まで、簡単に作れるはんこ自販機。

ということでやってきたのは市内にあるドンキホーテ。

そいつは静かに1階の片隅にいました。

ドンキホーテのハンコ自販機

はんこ自販機。あまりにも周りの景色に溶け込んでて見失いそうになる。

こいつがいれば急にはんこが必要になっても慌てることはない。

必要なハンコの種類を確認する

親切にも横に一覧表が載っていたので確認。

ハンコの用途別一覧

  • 実印  13.5~15mm
  • 銀行印 12~13.5mm
  • 認め印 それ以下

僕は実印が必要なんで15mmを買おうかなと密かに決意した瞬間だった。

ハンコの種類を選ぶ

ハンコの種類

まずは種類をチョイス。実印なら2行のやつを選べば間違いないですね。

心なしか写真が光っているのは僕の輝くオーラだと思います。平日の昼間からドンキの1階でなにやらパシャパシャやってるのにまぶしい存在。それが、僕。

名前を入力

ハンコ自販機で名前を入力

次に名前を入力していく。

右が名字・左が名前。絶対に間違わないようにしましょう。

大きな声でもう1度!!?

右が名字!!左が名前!!

うるせえよ。

ハンコの書体を選ぶ

ハンコ自販機で書体を選ぶ

ハンコに書く書体を選びます。

実印であれば「古印体」か「篆書体(てんしょたい)」か「吉相体(きっそうたい)」のどれかにしておくのがいいでしょう。

この機械には吉相体なんて存在しなかったので古印体にしました。普通にね。

ハンコの素材を選ぶ

ハンコに使う素材を選びます。下は500円から上は2500円までありますね。

実印なら2000円(13.5mm)のやつからになります。

ハンコの素材一覧

どうせしばらく使うだろうから1番高い2500円のものにしました。

ハンコ自販機のお金の投入口

※ちなみに1000円札か小銭しか入らないので注意!!おっさんは大きいのしかなくてわざわざ両替しに行ったからね。

んで購入。それでも安いけどね。普通にはんこ屋さんで掘ってもらったら5000円くらいは越えてくるよね?

その後に「ハンコ入れも一緒にどうですか?」みたいな案内がありますけど、華麗にスルーしておきましょう。カバーなら他のお店で買った方がいいと思います。

待ちます。興奮しながら。

だいたい10分前後かな?機械の中で掘ってる音がするので待ちましょう。

画面に掘り進み具合が表示されるので興奮します。腕立てでもしているといいでしょう。

当然ですが掘り終わればでてきます。割と削りカスにまみれたハンコがな。

いや、安いし早いんで何の文句もありませんけどね。

スポンサーリンク

 

できた印鑑を持って市役所へ。

その脚で市役所へと向かいます。

まあここからはなんも難しいことないですけどね。普通にそのへんにいる職員に「印鑑登録したいんす」って言えば案内してくれます。

で、どうせ登録証明書も必要でしょ?

一緒に発行してもらいましょう。ものの10分くらいで終わりますよ(混んでなければ)

料金は印鑑の登録料+証明書で700円だったかな?これはどこの地域でも値段に大差はないはず。まあ1000円札握りしめていけば間違いないでしょう。

ちなみに代理だと

代理の人に印鑑登録をしてもらうのは、できない事はないけどクソめんどくさいそうです。

※登録は済んでいて、証明書の発行だけなら代理でも即日らしい

  • まず、委任状と一緒に市役所に提出
  • 後日、自宅の本人宛に「なんか代理で来た人がいるけどホント?間違いない?」みたいな郵便が届く。
  • 返送。
  • それからまた市役所に出向いてようやく登録。

らしいので、できる限り本人がやった方が早いよ。おじさんも今日は会社休んで来たからね。

 

よしよし、これで印鑑登録された実印が手に入りましたね♪

実印作り~印鑑登録まで、トータルでも1時間くらい。料金は3000円ちょっとで出来るんで、めっちゃ便利な時代になったもんです。

そういえば帰りに以前火事に巻き込まれた飲食店が取り壊されていました。靴帰ってこないんかな・・・

メシ食いに行ったら火事に遭遇した話

ではまた明日。